赤ちゃんの名前研究室

名づけのテクニックとおススメの「呼び名」「漢字」を紹介します。有名人の名前やランキングなど参考情報も公開してます。 ぜひ素敵な名前を付けてあげましょう!

赤ちゃん奮闘記録

子供の目が危ない!スマホのブルーライトから我が子を守るルテインとは

投稿日:2019年1月26日 更新日:



スマホ育児の落とし穴 子供の目が悲鳴をあげている

赤ちゃんも2~3歳に育ってくると、
スマホやタブレットを自分で操作してゲームをしたり、Youtubeを見たり、一人で遊べるようになってきます。
子供の学習能力はすごいものです。あっという間にスマホを使いこなしてしまうのですから。。

ママにとっては、スマホを与えれれば、子供がおとなしく遊んでくれているので、
その間に家事をやったり、自分の時間を作ったりすることが出来ます。
スマホやタブレットは非常に強力な「育児ツール」として使えるわけです。
このご時世、共働きは当たり前ですし、核家族化が進んでいることを考えると、この流れはドンドン進むと思われます。

スマホ育児については、賛否両論ありますが、
私の個人的な意見としては、子供にはスマホのような新しい機器をどんどん使わせてあげて、最先端の技術に触れさせていくことで教育としてメリットがあると考えているので、
ゲームやyoutubeだけでなく、色々なアプリやツールを使わせて、技術に興味を持ってもらいたいと思っている次第です。

しかし!

色々調べていくと、子供の「目」のことを考えると、そんな楽観的に考えてはいけない現実があるようです。

スマートフォンやパソコンモニタからは「ブルーライト」が発せられており、このブルーライトはスマホのような近接した距離になると、
目に悪い影響を与えると言われています。
ブルーライトは、目の奥にある黄斑と呼ばれる組織を破壊し視神経まで及んできます。
こうなると、白内障や黄斑変性症などの眼病になったり、社会的失明となり不自由な生活を余技なくされることに至ってしまう可能性が出てきます。

大人であれば、目の疲れや異常に対して、自分で気づいて対処することも出来ますが、2~3歳の子供にはそれができるはずがありません。
気づいた時に、大変な事態になってしまうことも。。

ですが、だからといって、スマホやタブレットを一切子供に見せずに育てるというのも、子供の教育として良くないですし、可能性を奪うことも考えられます。

スマホ育児は「ほどほどに」ということが、結論になるわけですが、
一方で、サプリメントの力を借りることで、子供の目の病気の脅威を最小限に抑える方法があるようです。

その栄養素は「ルテイン」と言います。

目を守る栄養素「ルテイン」

ルテインとは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる天然の色素成分カロテノイドの一種であり、
人の体にはたくさんの箇所にルテインが存在します。
特に眼には奥にある視神経を守っている黄班もルテインで出来ています。
このルテインは、体内で作ることはできませんので、食事から摂取する必要があるのですが、1日に10mgの摂取が奨励されているようです。

なんと、日本眼科学会でも推奨されているようです。

このルテインを食べ物やサプリメントから取り入れることで、黄斑部を生成し、ブルーライトから視神経を守ります。

特に無自覚の子供には摂取してあげたい栄養素です。

忙しいママの味方

なんだかんだで育児にスマホは必要です。
子供の目の健康を考えつつ、子供に新しい技術に触れさせてあげたいと思うのは、親として当然のこと。

だから、子供向けに「ルテイン」を摂取できる安心安全のサプリメントがあれば良いのに・・と思い、見つけたのが以下です。

ルテインゼリー・ちゅるんとキラリ

今なら、初回特別価格(約60%OFF)などのお得なキャンペーンもやっているようです。(終わってたらごめんなさい)

他にも他商品あると思いますが、うちの子にはとても評判です。

もしご興味があれば、参考にしてください。



-赤ちゃん奮闘記録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

赤ちゃんの寝かし技

赤ちゃんは泣くのが仕事。 でも、一旦、泣き始めると中々泣きやまず苦労している方は多いと思います。 管理人おススメの、赤ちゃんの寝かし技を紹介します。 乳をとりあえず欲しがるだけ与える。 おなかが空いて …

子供のイヤイヤ期。怒ってばかりじゃなく親も学ぶ時代

何をいっても「イヤだー」と言われてしまう。魔の2歳児。 お風呂に入ろうね。 ご飯食べようね。 歯を磨こうね。 そろそろ寝ようね。 何を言っても言うことを聞かない子供達。 無理矢理やらせようとすると、泣 …

母乳育児 搾乳って何?

搾乳とは、母乳を自分でしぼり出すことです。 おっぱいは母乳製造工場です。 個人差はありますが、赤ちゃんの為に、どんどん母乳が作られていきます。 赤ちゃんの飲む分だけ適量に母乳が作られれば良いのですが、 …

二人目の余裕

待望の二人目の赤ちゃん。 感動や楽しみもさることながら、苦労も2倍と考えてしまいますが、 意外とそうでもないです。 大体のイベントや苦労は一人目で一通り経験しているので、 二人目はさほど苦労せずに育児 …

赤ちゃんのエプロンが人気すぎる!海外のクールな食事用ビブを紹介

ママのお乳を卒業して離乳食を開始した頃から活躍するのが「お食事用エプロン」。 保育園や幼稚園に預ける際は必須アイテムになる食事用エプロンですが、100均で買っていませんか?(それを否定するわけではない …